株式会社聖製作所

会社概要

代表ご挨拶

弊社・聖製作所は1937年、港区三田に、大日本火薬の関連会社として工場を設置
創業者・新田茂雄が大日本火薬の原社長に依頼され、砲弾のゲージを生産するための仕事を始めました。
1942年、その工場がB29の爆弾を被弾して全焼し、軍の仕事だった為、工場を大田区池上に購入し、1943年聖製作所と命名し、創業しました。

第二次世界大戦後、大日本印刷、読売新聞社の輪転機の修理、柱上トランスの修理などを行っており、逓信省(現NTT)の依頼で治具や研究機の修理を無償で行っておりました。
1947年、逓信省の関係者が 戦争中に墜落した米軍の飛行機の中に入っていた電線が日本には無い絶縁電線だったので、その電線を米軍に持ち込み、詳細を調べ、プラスチックという物質があり、その物質で絶縁する電線という事がわかり、日本の電話網がその機械 によって、十分完成できると判断し、弊社の創業者・新田茂雄にプラスチック押出成形機を造って欲しいと依頼があったのです。その年に、政府からの仕事を頂く為、弊社は株式会社に改組しました。

1949年、我が国初のプラスチック押出成形機1号機を開発、爾来、電電公社通信研究所とのお付き合いから、プラスチック押出成形機の老舗として、電線絶縁装置、光ファイバ・ケーブル製造装置など、1号機を開発し、生産して参りました。

現在は、押出技術、線材ハンドリング技術を活かし、カテーテル用チューブ製造装置
内視鏡外皮被覆装置、半導体洗浄装置用テフロンパイプ装置等々の、開発、製造もおこなっております。

当社の装置開発、装置製造に関するポリシー

  1. 安全性:お客様が安全に使用できる装置
  2. 安定性:誰が使っても、高品質の製品が安定してできる装置
  3. 省資源:生産する中で 不良品を作らない装置
  4. 省力化:自動運転が出来る装置
  5. 耐久性:メンテナンスフリー

として、材質、加工精度に気を配り、お客様の工場で活躍する装置を目指し 完成度の高い製品作りに邁進し、我が国での物造り企業として存在して参ります。

株式会社聖製作所
新田 豊

会社情報

会社名 株式会社聖製作所
創 業 昭和18年(1943)4月
代表者 代表取締役 新田 豊
資本金 3600万円
従業員 20名
役 員
  • 技術担当執行役員 伊藤育央
  • 財務担当執行役員 花澤亮司
  • 取締役相談役   新田恭一(非常勤)
  • 監査役      新田 實(非常勤)
本社工場 東京都八王子市川口町3752番地 tel.(042)654-2011代表 fax.(042)654-4019 聖製作所 テクノルーム 〒192-0082 八王子市東町1-6 橋完LKビル 6F tel.(042)649-4511 fax.(042)649-4533
業 種 プラスチック加工機械製造業
営業品目
  • ・電線製造機械
  • ・光ファイバーケーブル製造機械
  • ・メディカルチューブ製造装置
  • ・工業用チューブ製造装置
設 備 土地 1800㎡ 工作機械 25台
取引銀行 日本政策金融公庫 多摩信用金庫 東日本銀行
姉妹会社 株式会社日ビ 日本ビニールコード株式会社

沿革

1943年4月 創業者 新田茂雄 港区に創業 砲弾、銃弾のゲージの製作を大日本化薬から依頼され、製造する。
1947年2月 株式会社に改組、大田区池上に本社工場を置く
1949年8月 電電公社通信研究所・所長のアドバイスにより 我が国初の国産PVC押出機第一号を開発
1952年2月 国産ナイロン押出機第一号機を開発 その後、フッ素樹脂FEP用、PFA用、ETFE用 の第一号機を開発 以後、電電公社と協力し、電線製造装置の高速化、自動化に傾注
1966年 資本金800万円
1967年 資本金1000万円
1968年 資本金2400万円に増資し、八王子工場を開場
1973年 創業30周年 八王子工場の第二期工事完成と同時に本社を八王子に移転 同年、電電公社通信研究所と光ファイバーケーブル用製造装置を開発
1976年 初代社長 新田茂雄の死去に伴い 新田豊が社長に就任
1981年 光ファイバーケーブル押出機などの光関連装置の売上げが全体の20%に達する。
1988年 資本金3600万円に増資
1991年 CAD導入 HP ME10による 機械の高度化、設計の効率化を推進
1992年 CAD Data-Baseを導入し、効率化を図る
1994年 PFA、FEP仕様の φ20mmマイクロ同軸ケーブル押出ラインを開発
1997年 50周年、新10ヵ年計画スタート
1998年 高速伝送用Twinaxケーブル用 テーピング装置開発
2000年 高速伝送ブレードケーブル用 極細線ワインダー開発
2001年 医療用チューブに進出、カテーテル用チューブ押出装置開発
2005年 極細線高速ワインダー 新システム開発
2006年 光ドロップケーブル高速押出ライン販売
2007年 内視鏡2層被覆押出ライン開発(グラデーションシステム)
2008年 スーパーエンジニアリングプラスチック(PEEK、PES、PPS)用押出機の売上げ上昇
2011年 大口径・フッ素チューブ押出ライン開発
2011年 留置針チューブ用押出ライン開発(3層、2色)
2012年 高速光ファイバー被覆装置(1000m/min.)開発販売

お問合せ

チューブ成形のみならず、被覆成形のノウハウや資材調達のご相談など
トータルソリューションをご提供いたします。お気軽にお問合わせください。